0 我的车 $0.00

【研究論文紹介】新しい論文をアップしました

【横断研究】歯が少なく咀嚼機能が低いことは、ロコモティブシンドロームと関連している可能性がある

◆概略

口腔の健康状態、要介護度、身体機能との関連を調べた研究は多いが、口腔の健康状態とロコモティブシンドローム(LS)との関連に焦点を当てた研究は少ない。

成人集団において、歯の本数や咀嚼機能などの口腔の健康状態とLSとの関連を検討した。

運動機能と口腔の健康状態の検査を受けた2888名を対象とした。

LSステージ1以上の人をLS有りと分類し、それ以外の人をLS無しと分類した。

多変量解析に歯の数と咀嚼機能を別々に含めると、LSのORは歯の数が0~19本の被験者で28本の被験者より有意に高く、咀嚼機能が不良の被験者で良好な被験者より有意に高かった。

歯の本数と咀嚼機能を独立変数に含めた解析では、歯の本数が28本で咀嚼機能が良好な人に対する調整後のORは、歯の本数が28本で咀嚼機能が不良な人で2.67であった。

歯が少なく咀嚼機能が低いことは、LSと関連している可能性がある。成人期のLSを予防するためには、咀嚼機能の維持が重要かもしれない。

▶論文情報

Community Dent Health. 2023 Nov 15. 

発行日:2023年11月15日

  

バックナンバーはこちら

カスタマイズ歯ブラシ「Haburafit」はこちら