0 私のカート $0.00

【研究論文紹介】新しい論文をアップしました

in vivo】口腔から肝臓に感染したPorphyromonas gingivalisがNASH 関連肝癌の発癌過程である腫瘍性肝結節の形成を促進する

 主要な歯周病菌であるPorphyromonas gingivalis(P.g.)は、種々の全身疾患の危険因子であることが知られています。

しかし、P.g.と非アルコール性脂肪肝炎(NASH)関連肝細胞癌(HCC)との関係は不明です。

 P.g.-歯原性感染がNASH関連肝細胞癌の発症・進展を促進するかどうかを明らかにし、その機序を明らかにすることを目的とし、実験を実施しました。

 高脂肪食(HFD)誘発NASHモデルマウスを用いて、P.g.を歯原性感染させました。

 P.g.-歯原性感染は平均結節面積を有意に増加させ(P = 0.0188)、60週後の組織学的進行スコアを促進する傾向が認められました(P = 0.0956)。

 興味深いことに、P.g.は肝臓で検出され、HFD-P.g.(+)では、非腫瘍性肝臓において多数のTNF-α陽性肝冠様構造と8-OHdG発現が認められました。

 P.g.-歯原性感染は、インテグリンシグナル伝達とTNF-αによる酸化的DNA傷害を介して、HFD誘発NASHマウスモデルにおける腫瘍性結節形成の進行を促進する可能性があります。

▶論文情報

 

Scientific Reports volume 13, Article number: 9350 (2023) 

発行日:2023年6月8日

  

バックナンバーはこちら

カスタマイズ歯ブラシ「Haburafit」はこちら