0 私のカート ¥0

【研究論文紹介】新しい論文をアップしました

【疫学研究】小児集団において特定の栄養素の欠乏または過多が口腔病変と関連している

3歳から15歳(平均年齢10.4歳)の患者70名において、これまで知られていた「炭水化物の過剰摂取とう蝕」、「ビタミンCの欠乏と歯周病」、「ビタミンDの欠乏とエナメル質の低形成」とともに「ビタミンA欠乏と口内炎」との関連が新たに見つかった。

詳細については論文タイトルをクリックまたはタップしてください。

バックナンバーはこちら