0 私のカート ¥0

【研究論文紹介】新しい論文をアップしました

【横断研究】中国の12〜15歳の青年のほとんどで歯肉出血と歯石が発生している

第 4 回全国口腔保健疫学調査より、多段階の層化抽出法を用いて12~15歳の118,514人の中学生が調査された。中国では12~15歳の青少年に歯肉出血と歯石が多く見られ、性別、年齢、民族性、父親の教育水準、口腔衛生に関する知識や行動など、いくつかの関連因子が多因子モデルで発見された。

詳細については論文タイトルをクリックまたはタップしてください。

 

バックナンバーはこちら