0 私のカート ¥0

【研究論文紹介】新しい論文をアップしました

一般開業医は糖尿病を専門とする開業医に比べ糖尿病患者の口腔衛生に対する認識が低い(日本)

日本人開業医による2型糖尿病(T2DM)の実際の介入に関する2018年全国調査(NSAID研究)から、380人の一般開業医と79人の糖尿病専門医から得たデータの二次解析を実施した。T2DM患者を歯科医に紹介しているかという質問に対して、一般開業医の35.4%、糖尿病専門医の64.1%が「紹介している」と回答した。T2DM患者を歯科医に紹介している一般開業医の割合は、糖尿病専門医の割合より有意に低かった(p<0.0001)。この結果から、本研究に参加した開業医は糖尿病専門医に比べ、糖尿病患者における口腔衛生の重要性に対する認識が低いことが示唆された。近年、糖尿病専門医の間では糖尿病と歯周病を含む口腔衛生との関連についての知識が広まってきている。しかし一般開業医には十分に浸透していない。糖尿病患者の口腔衛生に関する意識の低さだけでなく、時間的制約や歯科医師とのネットワークの欠如も紹介の障壁となる可能性がある。

▶論文情報
Differences in Dental Care Referral for Diabetic Patients Between General Practitioners and Diabetes Specialists in Japan, Analyzed from NSAID-Study 3

Diabetes Ther. 2021 Dec 27.

発行日:2021年12月27日

詳細については論文タイトルをクリックまたはタップしてください。

バックナンバーはこちら